白髪になる年齢や染めると決断した時期は?10代でも?




白髪になる年齢や、その白髪を染めようを決断するのは、一般的に何歳くらいなのでしょう。

 

中には、10代でも白髪になり、染めるべきか悩む人もいるようです。

一体なぜなのでしょうね。

 

ここでは、一般的な白髪になる年齢染めようと決断する時期10代で白髪になる人の原因などについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

白髪になる一般的な年齢とは?

白髪が生える年齢については個人差がありますが、だいたい女性も男性も35歳頃から白髪が気になり始めるという人が多いようです。

 

この年齢については、年々早まってきていると主張している専門家もいます。

 

やはり、女性の社会進出によって、男女間の差も縮まってきているということなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

10代など若い年齢で白髪になる人も!原因とは?

実は、白髪は10代といった若い年齢の場合でも生えることがあります。

 

こうしたいわゆる若白髪も含めて、白髪になる原因として考えられているのが「ストレス」「栄養不足」「遺伝」そして「病気」の4つです。

 

①ストレス

「ストレスで白髪が生える」とはよく聞く言葉ですよね。

 

でも実際にストレスを感じることで血流が滞ってしまい、髪に栄養が十分に行き渡らなくなるせいで白髪になることがあるといわれています。

 

精神的な影響が健康にも被害を及ぼすということですね。

 

ストレスによって白髪が生えやすい人は、悩みごとを抱えやすい人だといわれています。

 

何か思い悩むことがあれば、抱え込みすぎず、周りを頼ることも大切です。

 

②栄養不足

栄養不足により、髪の毛を作り出す細胞に栄養が行き渡らないと、白髪になってしまうといわれています。

 

髪に栄養が届かないのですから、これはメカニズムとしてはわかりやすいですね。

 

「この現代で栄養不足なんてことが起こるの?」と思われるかもしれませんが、意外と栄養不足になっている人は多いものです。

 

偏食で栄養が偏りがちな人や、無理なダイエットをしている人は危険ですよ。

 

食生活の乱れや生活習慣の乱れは、白髪の問題だけでは済まず、健康にも大きな害となります。

 

充分、気を付けるようにしましょう。

 

③遺伝

髪の毛は、遺伝的な影響を受ける可能性が高いといわれています。

 

よく親子で薄毛や天然パーマで悩んでいる人がいますよね。

 

白髪も同じで、親族に若い世代から白髪の人がいれば、その人の影響を受けることも充分に考えられます。

 

④病気

意外かもしれませんが、病気によって白髪が生えるということもあります。

 

胃腸などの病気を患うと栄養がうまく吸収できず、体内の血流が悪くなってしまい、髪にまで栄養が行き渡らなくなるためです。

 

急に白髪が増えてきたなと感じたら、病気の可能性があることも頭に入れておいた方がいいかもしれません。

 

特に、ある特定の場所にだけ白髪が生えてきたような場合は注意するようにしてください。

 

スポンサーリンク

10代で白髪になったら染める?一番良い方法とは?

もしも10代で白髪が生えてきてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

 

1本や2本であれば、それほど気にする必要はないですが、多量に生えてきた場合などは、どのように対処すればいいのか悩んでしまいますよね。

 

白髪を見つけた場合、多くの人は「白髪を抜く」か「白髪を染める」という対策をしますが、10代の場合はどうなのでしょうか。

 

実は、白髪を抜くという行為は控えるべき行為です。

 

なぜなら、無理に白髪を抜いてしまうと、毛乳頭や毛母細胞までもダメージを受けてしまい、次からは細い毛やうねった毛が生えてしまう可能性があるからです。

 

髪の毛というのは1本ずつ生えているように見えても、実は2~3本が一緒になって生えています。

 

そのため、1本の白髪を抜くだけでも、同じ毛穴から生えている黒い髪の毛がダメージを負ってしまうのです。

 

特に、10代の頭皮というのは新陳代謝が活発であり、ダメージを受けた毛穴に雑菌がはいりやすく、炎症を引き起こしやすいといわれています。

 

10代で白髪を見つけたからといって安易に抜いてしまうのはやめましょう。

 

では、髪の毛を染めればいいのかというと、白髪染めが良い方法だともいえません。

 

市販の白髪染めには強い薬剤である合成化学染料が使用されており、これによって頭皮がダメージを受けるからです。

 

これは、白髪だけではなく、抜け毛や薄毛を誘発してしまう原因にもなります。

 

10代で白髪が生えてきた場合におすすめなのは、白髪を根元近くでカットする方法です。

 

これなら頭皮がダメージを負う心配もなく、薄毛や抜け毛の心配もありません。

 

また、カットしきれないほど多い白髪の場合は、シャンプーをしながら白髪を生えにくくしてくれるカラーシャンプーがおすすめです。

 

コストも他の方法に比べるとあまりかからないので、最も10代の白髪対策に適している方法だといえます。

 

▼おすすめのカラーシャンプーはコチラ▼



スポンサーリンク

10代など若い年齢で白髪にならないための予防策は?

では、10代などの若い年齢で白髪が生えてこないようにするためにできる予防策には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

①ストレスを発散させる

ストレスが白髪に影響を与えるというメカニズムはすでにお話した通りです。

 

ですから、レス発散は白髪にとても有効な方法の1つです。

 

湯船につかってゆったりとリラックスするだけで、ストレス発散に役立ちますよ。

 

また、血行も良くなり、まさに一石二鳥です。

 

この時に注意しておきたいのが、お風呂の温度です。

ストレス発散には40度以下のゆるめのお湯が適しているといわれています。

 

好きなアロマオイルを数滴ほど湯船に入れて入ると、リラックス効果がますます高まりますよ!

 

②栄養のバランスがとれた食事を摂る

栄養不足が白髪に悪影響を及ぼすことは、すでにお話した通りです。

 

特に10代の間は無理なダイエットをしがちですが、絶対にやめましょう

 

白髪が生えてしまうばかりか、骨や筋肉が正常に育たなくなってしまったり、女性ホルモンが正常に分泌されずに生理不順や無月経を引き起こしてしまうことになりかねません。

 

スナックやジャンクフードの食べ過ぎも良くありませんので、気を付けるようにしましょう。

 

特に10代の成長期には、たんぱく質がとても重要だといわれています。

 

牛肉や鶏肉、白身魚などに多く含まれていますので、これらを積極的に食べるようにしましょう。

 

③睡眠時間をしっかりと確保する

10代の時期は勉強や部活などが忙しく、また最近ではスマホのゲームなどにはまってしまい、つい睡眠時間を削ってしまいがちです。

 

けれど、10代の時期の睡眠はとても重要なものです。

 

睡眠中には、健康な体を作り上げるために必要不可欠な「成長ホルモン」が分泌されるからです。

 

成長ホルモンがうまく分泌されなくなれば、疲労回復も難しくなりますし、代謝機能も衰えてしまいます。

 

また、自律神経が乱れることによって血流が滞り、白髪が生える原因にもなります。

 

10代の理想的な睡眠時間は8.5時間から9時間ほどといわれています。

 

できるだけこの時間は確保できるように生活習慣を見直してみましょう。

 

④運動を心がける

人間の体は、運動をすることで「幸せホルモン」とも呼ばれている「セロトニン」や「エンドルフィン」を多く分泌できることがわかっています。

 

そして、これらの物質が多く分泌されれば、ストレス解消に役立つことも明らかとなっています。

 

特に効果が高い運動は、有酸素運動です。

 

決して無理をするような運動でなくて構いません。

 

ジョギングやウォーキングなど、できることから始めてみましょう。

 

⑤頭皮マッサージを行う

頭皮の血行が滞ると、頭皮はカチカチの状態にこわばってしまいます。

 

そんな症状を和らげるには、頭皮マッサージがおすすめです。

 

お金もかからず、いつでもどこでもすることができますよ。

 

頭皮マッサージのやり方は簡単。

 

指で気持ちがいいと思うところを痛くない程度に力を入れて押すだけです。

 

これなら手軽にできますよね。

 

頭皮がマッサージによってほぐれて柔らかくなると、髪の毛を黒くさせる働きのあるメラノサイトという細胞も正常に働きやすくなりますよ。

 

⑥紫外線対策をする

頭皮に紫外線が当たることにより、頭皮の色素幹細胞がダメージを受け、白髪が生えてしまうこともあります。

 

そのため、白髪を予防するには、紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

 

外に出る際は帽子をかぶるようにしましょう。

 

また、頭皮が蒸れてしまわないように気を付けることも大切です。

 

スポンサーリンク

まとめ

白髪が気になり始める年齢は何歳くらいからなのか、また10代の白髪に対してはどのような対策を取るべきか、予防策にはどういったものがあるのかをご紹介しました。

 

多くの人は35歳頃に白髪を染めようと感じ、なかには10代でも白髪で悩んでいる人もいます。

 

こちらでご紹介した白髪に効果的な対策や予防策を、ぜひ実践してみてください。

 

少しでも頭皮への負担を減らせるように、できることから始めていきましょうね。

コメント