若白髪(20代男性・女性)の原因とは?場所に意味はある?




20代の女性や男性の若白髪の原因として考えられるものには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

また、白髪が生える場所になにか意味はあるのでしょうか。

 

若白髪の原因や、白髪が生える場所についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

若白髪の原因追求!20代の男性と女性で原因は違う?

20代でも若白髪が生えることは男性にも女性にもあり、原因に男女間の差はないと考えられています。

 

ちなみに若白髪が生えてしまう原因には以下のようなものがあることがわかっています。

 

ストレス

20代になり、男性も女性も社会にでるようになってストレスも多いことでしょう。

 

慣れない会社勤め、上司との折り合い、同僚との人付き合い・・・。

 

仕事をしていない専業主婦(主夫)の人でも、家事や育児、ご近所付き合いなどで悩みを抱えることが多いはずです。

 

そして、このようなストレスが、20代での若白髪の原因の1つとなるのです。

 

なにかストレスがあれば家族や友人などに話をし、聞いてもらうようにしましょう。

 

趣味に没頭するというのもいいですね!

 

栄養不足

毎日の食事の栄養バランスが悪く、栄養不足になっている人が多いといわれています。

 

食事をファーストフードやコンビニ弁当などで済ませてしまっていませんか。

 

また、特に女性は過激なダイエットをしてしまっていませんか。

 

食生活の乱れによって体内が栄養不足の状態になり、頭皮にまできちんと栄養が行き渡らなくなってしまうことが原因だと考えられています。

 

20代の男性や女性には一人暮らしをしている人も多いでしょう。

 

ついつい栄養が偏った食事になりがちですから、気を付けるようにしましょう。

 

病気

若白髪の原因が病気だなんて意外かもしれませんが、東洋医学では昔から白髪と病気には関係があると考えられてきています。

 

特に胃腸の病気を患った場合は、この病気によって栄養を十分に体内に吸収することができなくなって、頭皮への栄養が滞ってしまうことで若白髪が生えることがあります。

 

急に白髪が生えてきたなと感じる場合は、病気の可能性を疑った方がいいかもしれません。

 

遺伝

髪の毛に関しては遺伝の要素も大きいといえます。

 

天然パーマや薄毛などが遺伝するケースは珍しくありません。

 

親族の中で若白髪の人がいれば、遺伝の影響を受けた可能性が考えられます。

 

スポンサーリンク

若白髪の生えやすい場所とは?場所によって意味が違う?

白髪には生えやすいとされている場所が3つあります。

 

その3つとは、前髪、こめかみ、そして耳の周りです。

 

白髪が生えやすい場所というのは、血行不良が起こりやすい場所ともいえます。

 

血流が良くないために、黒髪を作り出すメラノサイトや毛母細胞といった重要な細胞にまで栄養が十分に届かないため、白髪が生えてしまうのです。

 

東洋医学の考え方に基づくと、特に前頭部に白髪が生えるということは、肛門に関する不調があると考えられています。

 

痔を患っている、便秘になっているといった状態です。

 

思い当たる症状はありませんか?

 

20代の若白髪!場所によって女性は抜く切る染めるのどれを一番選択?

20代の若白髪の場合、白髪を染めるという方法をとることが最も多いです。

 

CMなどでも白髪染め商品は数多く見ますし、ドラッグストアなどで手軽に手に入るためです。

 

また、美容院でカットをする時に染めてもらうといった人も多いようです。

 

他の選択肢として多いのは、ヘアカラートリートメントを使うというものです。

 

毎日のトリートメントをヘアカラートリートメントに替えるだけで、自然にゆっくりと白髪を黒く染めていくことができます。

 

▼おすすめのヘアカラートリートメントはコチラ▼

 

20代の若白髪!男性は場合により剃ることも選択肢の一つ?

20代の男性の場合は女性とは違って髪の毛を剃るということもできます。

 

なかなか思いきった選択とはなりますが、若白髪が多すぎて悩むのであれば、すっきりと剃ってみるというのもいいかもしれません。

 

女性にはできないことなので、男性の白髪対策のひとつとして考えてみてもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

20代の若白髪の対策方法とは?

20代の若白髪の対策法としては、染める、切る、抜くという3つの対策法が考えられます。

 

また、生活を改善することでも白髪を減らすことができる可能性があります。

 

染めるなら白髪染めとカラートリートメントどちらがおすすめ?

若白髪を染めて目立たなくする場合、使用するものとして「白髪染め」と「カラートリートメント」がありますが、おすすめはカラートリートメントです。

 

白髪染めには刺激の強い「合成化学染料」が使われているため、頭皮がダメージを受けてしまいやすいのです。

 

その点、カラートリートメントであれば、毎日使っても安心で、髪も傷めずにすみますし、自然に少しずつ黒髪に染めていくことができます。

 

頭皮に付着してしまったとしても安全性が高く、生え際まできっちりと染め上げることもできます。

 

▼おすすめのヘアカラートリートメントはコチラ▼

 

切る

次にできる対策として、白髪を切るという方法があります。

 

白髪を頭皮の根元近くでカットし、目立たなくさせるというものです。

 

もちろん薬剤などを使わないので頭皮へのダメージは一切ありません。

 

使うのははさみだけですので、コストもかかりませんよ。

 

あまりにも若白髪が多いと大変な作業となってしまいますが、少しの量であれば、この方法が1番おすすめといえます。

 

抜く

これは単純に気になる白髪を抜くというものですが、最もおすすめできない対策方法となります。

 

なぜなら、白髪を抜くことで毛穴がダメージを負ってしまう場合があるからです。

 

髪の毛というのは毛穴1つに対して髪の毛が1本生えていると思われがちですが、実は髪の毛は毛穴1つに対してまとまって数本が生えています。

 

そのため、1本であっても白髪を抜いてしまうと、その同じ毛穴から生えている健康な黒髪もダメージを負ってしまうのです。

 

また、白髪を抜いたことで開いた毛穴から雑菌が入り、毛穴が炎症してしまう場合もあります。

 

鏡を見ていると、ついついやってしまいがちなことですが、やめておいた方がいいでしょう。

 

食生活を見直してみる

若白髪は食生活の乱れによっても引き起こされます

 

1度、普段の食生活を振り返ってみましょう。

 

きちんとお肉やお魚、そして野菜や果物などのバランスのとれた食事ができていますか?

 

ジャンクフードやスナック菓子ばかりを食べていませんか?

 

食生活の乱れは白髪だけではなく健康面にも悪影響を及ぼしますから、栄養面に気を付けていきましょう。

 

ストレスの発散を心がける

20代といえば社会人になりストレスを感じることも多い時期でしょう。

 

うまくストレスは発散できていますか?

 

若白髪はストレスによっても引き起こされますから、自分なりのストレス解消法を見つけておくことはとても重要です

 

買い物に出かける、ドライブをする、岩盤浴に行くなど、気持ちがリフレッシュできるような環境を意識してつくっていきましょう。

 

また、毎日お風呂の湯船につかる習慣を身に着けることも大切ですよ。

 

お風呂にきちんと入ると血行が良くなり、髪に栄養が行き渡りやすくなりますし、リラックス効果も得られて一石二鳥なんです。

 

好きなアロマオイルを数滴、湯船にたらすと効果的ですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、20代の男性や女性の若白髪についてまとめました。

 

20代といえば、おしゃれを楽しみたい時期。

 

そんな時期に白髪が目立ち始めるのは、とても大きな悩みですよね。

 

こちらでご紹介した若白髪の対策方法も、ぜひ実践してみてくださいね。

コメント