若白髪を学生が染める場合の色や頻度って?市販・美容院どっちがいい?




中学生や高校生などの学生に生える白髪のことを「若白髪」といいます。

若白髪は男女関係なく生える可能性があります。

 

若白髪が少なければ、その目立つ若白髪だけをカットすればいいのですが、量が多い場合は手間がかかります。

 

若白髪も他の髪のように伸びますから、手入れも大変になるでしょう。

そこでおすすめなのが、若白髪を染めるという方法です。

スポンサーリンク

若白髪を学生が染めるとき市販か美容院に行くかどっちが適切?

若白髪を染めるという行為そのものは、市販品を自宅で使っても、美容院に行って染めてもらっても同じです。ただし、使われる薬剤の種類が大きく異なります。

 

市販で売られている薬剤の方が強い成分が配合されており、それだけ頭皮に負担が大きいということになります。

つまり、白髪染めによるダメージを受けやすくなってしまうのです

 

また、素人が市販品についているハケを使って白髪染めを塗るため、本来であれば染める必要のない黒い毛にまで薬剤がついてしまうことも充分考えられます。

 

このように、頭皮や髪のことを第一に考えるのであれば、美容院に行って染めてもらう方がいいといえます。

スポンサーリンク

若白髪を染めるとき学生でもOKな色とは?

学生の場合、学校やアルバイト先で頭髪の明るさの規則があるかと思います。基本的にはそれに従わなければいけません。

 

けれど、もしもそういった制限がない場合は、思い切って11トーンくらいの髪の明るさにして、白髪を目立たなくさせるという方法を選ぶといいでしょう。

とはいえ、先ほどお話したような規則がある場合は、たとえ若白髪で悩んでいるとはいっても規則を破ることはできません。

 

髪の色を3トーン以下にすれば、暗めで他の黒い毛と馴染んで自然な状態になるでしょう。

スポンサーリンク

若白髪を染める場合の頻度は?頭皮への負担も考えたベストな頻度とは?

若白髪も他の黒い毛と同じように伸びてきますので、定期的に白髪染めをする必要があります。

若白髪を明るめの色に染めている場合は、だんだん毛の根元が白くなるので、頻度としては1ヶ月に1回くらいが目安となるでしょう。

 

一方、暗めの3トーン以下に染めた場合でも、1ヶ月半ほどを目安に染めることをおすすめします。

髪の毛が伸びることを強制的に止めることはできないので、このように定期的に白髪染めをする必要はあります。けれど、できるだけこの頻度を少なくさせる工夫はあります。

 

まず、白髪染めをしたその当日は、シャンプーを控えるようにしましょう。

夏場、体育やクラブ活動などで汗をかいた日などは難しいかもしれません。でも、冬場や休日なら、可能な日もあるのではないでしょうか。

 

なぜ、白髪染めをしたその日にシャンプーを控えるのかというと、白髪染めのカラー剤を髪に定着しやすくするためです。

白髪染めをしても、その日にシャンプーをしてしまうと、やっと定着し始めていたカラー剤が洗い流されてしまい、カラーの持ちが短くなってしまうのです。

スポンサーリンク

若白髪を学生が市販品で染めるのにおすすめの負担の少ない白髪染め

若白髪をどうにか解消させたいとお考えで、市販品で手軽に髪を染めたい場合におすすめの白髪染めをご紹介します。

おすすめの順に、特徴とともにご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント

この利尻ヘアカラートリートメントがなぜ1番おすすめなのかというと、無添加で作られているからです。

他の白髪染めなどで頭皮にトラブルが起きてしまったことがある人は、ぜひこの利尻ヘアカラートリートメントをお試しいただきたいです。

白髪染めではなく、あくまでもトリートメン剤なので、自然に白髪を染めてくれますよ。

カラーバリエーションも豊富で、全4色あります。

トリートメントなのでシャンプーの後に使うこともできますが、乾いている髪にそのまま使うこともできます。

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメントも、利尻ヘアカラートリートメントと同じく、無添加で、頭皮と髪に優しい成分でできています。

毎日でも使えるほど安全で、通販サイトや口コミサイトなどで、よくランキング部門1位を獲得しているほど人気なんですよ。

そのうえ、このルプルプヘアカラートリートメントには美容液レベルの美容成分が含まれており、白髪を染めながら、同時に髪にうるおいを与えてくれる働きもあります。

白髪を染めつつ、髪もケアしたいという人におすすめですよ。

マイナチュレ オ―ルインワン カラートリートメント

このマイナチュレ オールインワン カラートリートメントのすごいところは、「白髪ケア」「ヘアケア」「スカルプケア」「エイジングケア」の4つもの働きをもっているところです。

いわゆるオールインワンカラートリートメントというものです。

もちろん無添加であり、そして植物由来の原料を約94%も含んでおり、髪だけではなく地肌にも優しいものとなっています。

また、白髪がしっかりと染まるという点も重視して開発されたものなので、2回も使用すれば、その効果を感じることができるという口コミが多いです。

グローリン・サンクロス

グローリン・サンクロスのおすすめの点は、白髪染めの手軽さです。

白髪染めをしようと思った時、なにかと準備が必要だったり、液を混ぜ合わせたり、白髪染めがなかなか髪から洗い流せずに困った経験はありませんか?

けれど、このグローリン・サンクロスであれば、たった5分で白髪染めを完了させることができます

また、ただ白髪を染めるだけではなく、シルク成分が配合されており、髪のダメージケアまで効果が期待できます。

白髪染めでよく使われているジアミンという薬品も不使用なので、不快な匂いがすることもありません。

それどころか、ゆず果実エキスの香りで、心身共に癒されることでしょう。

グローイングショットカラートリートメント

グローイングショットカラートリートメントの特徴は、大きさの異なるカラー成分が含まれているところです。

浸透型ピグメントが髪の内部で色を染め、一方の吸着ピグメントが髪をコーティングします。

シャンプーの後のリンスに置き換えて使うだけなので、面倒に思うようなこともないでしょう。

また、シトラスの香りがとても心地よく、リラックス気分に浸ることもできますよ。

そのほか、5種類もの保湿成分、頭皮環境を整えるエキス、ポーラが独自に開発した成分黒米が含まれており、健康的な頭皮を維持することができますよ。

スポンサーリンク

市販でも美容院でも白髪染めをした後におすすめのシャンプー

市販でも美容院でも、白髪染めをするということは、髪の毛がダメージを受けるということになります。

そして、そのダメージが大きければ大きいほど、色がどんどん落ちていってしまいます。

そこで重要なのが、毎日使うシャンプーはケア効果の高いものを選ぶということです。

ケア効果がでてくれば、髪の毛はどんどん美しく保たれるようになり、ヘアカラーも長持ちするのです。

白髪染めをした後に浸かっていただきたいおすすめのシャンプーは、HARU黒髪スカルプ・プロです。

このHARUスカルプ・プロは、ノンシリコンシャンプーなのですが、「白髪」や「薄毛」「抜け毛」の予防にまで効果が期待できるとされているとても人気のシャンプーなんですよ。

これだけの効果が実感できる秘密は、ヘマチンとキャピキシルという2つの成分です。

ヘマチンにはメラノサイトを活性化させて、白髪の原因となる活性酸素を除去させる効果があります。

また、キャピキシルは、発毛医薬品であるミノキシジルの3倍もの発毛効果をもっている天然成分で、脱毛ホルモンを止めるほか、頭皮の環境を整える効果も期待できます。

スポンサーリンク

まとめ

まだ年齢的には若いのに、白髪で悩んでしまうというのは、とても辛いものでしょう。

けれど、こうして白髪を染める方法はたくさんあります。

上手に活用して、若白髪の悩みを解消させましょう!

コメント